HOME >> 税制改正(消費税)>>消費税法の改正で短期前払費用の取り扱いはどうなるのか?

消費税法の改正で短期前払費用の取り扱いはどうなるのか?

税制改正(消費税)

2013年11月29日

所得税法・法人税法上、前払費用の額で、その支払った日から1年以内に提供を受ける役務に係るものを支払った場合において、その支払った金額を継続してその事業年度の損金の額に算入しているときは、その支払時点で損金の額に算入することが認められています。
消費税法においても、所得税・法人税で短期前払費用の取扱いの適用を受けている場合は、その前払費用に係る課税仕入れは、その支出した日の属する課税期間において行ったものとして取り扱われます。
この短期前払費用の特例を適用している場合において施行日をまたいでいる場合、平成26年4月から消費税が8%になった時に少し悩むことになりますね。
平成26年4月以降の期間に対応する分の消費税額を追加で請求されて払った場合
その分を控除できるのか?

これについて国税庁では所得税法・法人税法上の短期前払費用の適用は認めたうえで、消費税法では課税仕入れを行った日で仕入税額控除を行うとしています。
要するに経過措置が適用できる場合のものではなく、1年分などを前払いしている場合には、平成26年4月以降の分は8%で計算しなおされるということです。
方法としては以下の二つが認められています。

①平成26年3月期において5%の消費税率により仕入税額控除を行い(改正消費税法が未施行のため、8%で
  の仕入税額控除はできない)、施行日以後の期間に対応する部分(8%)の課税仕入れについて平成27年3
    月期に支払対価の返還を受けたものとした上で、改めて8%で仕入税額控除の計算を行う。

②平成26年3月期には8%の消費税部分を「仮払金」として翌期に繰り延べ、平成27年3月期において8%の税
    率により仕入税額控除の計算を行う。

少しややこしいことになりそうですね。
きちんと把握することが必要になってきますので、今後支払う前払費用には充分気をつけていきましょう。

 

関連記事

来年4月1日の消費税率引上時に、5%なのか?8%なのか?、ちょっと悩む税率の取扱いについて

家賃・保険料など契約にもとづいて支払っている経費があるときは?

 


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?