HOME >> 税制改正(相続税、贈与税)>>遺留分が侵害されたらどうすればよい

遺留分が侵害されたらどうすればよい

税制改正(相続税、贈与税)

2014年12月11日

 

年末調整の計算時期になり、皆さん控除証明書の添付書類の漏れはないですか?

再度、確認してみて下さい。

少しでも還付があれば嬉しいですよね(#^.^#)

 

  さて、相続時遺留分が侵害されたらどうすればよいか(?_?)

 相続時、遺留分権利者がその遺留分を侵害されたとき(生存贈与・遺贈等を前提とした場合に相続人によって最終的に相続人が手にする金額が、その相続人の遺留分額よりも低くなってしまう場合)は、その遺留分権利者又は承継人が、遺贈・贈与を対象として、受遺者・受益者を相手方として、遺留分減殺請求権を行使することで、その侵害された遺留分を留保することができるようになります。

 

例 被相続人が、生前所有してた財産を、遺言によって「全ての財産を愛人に譲る」と書き残した場合。

*相続人には必ず受取ることのできる最低限度の財産を得る権利「遺留分」が法律によって与えられています。

 

 遺留分減殺請求権の行使は、遺留分権利者又はその権利者の相手方に対する一方的な意思表示として行われます。

遺留分減殺請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から1年が経過すると時効により、相続開始の時から10年が経過すると当然に、消滅することとされているので注意が必要です。

 

 相手が話し合いに応じない場合

内容証明を出して請求したが相手が応じない場合には、家庭裁判所に家事調停を申し立てます。また、調停が不成立に終わったときは、審判に移行せず、地方裁判所に民事訴訟で遺留分に見合う遺産を取り戻すことになります。

 

当事務所は、遺言作成・トラブルの相談・相続申告作成をさせて頂いております。

 


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?