HOME >> 税務ニュース>>子育て世帯臨時特例給付金

子育て世帯臨時特例給付金

税務ニュース

2014年05月12日

平成26年4月より消費税率が引き上げられましたが、子育て世帯の影響を緩和し、子育て世帯の消費の下支えを図る観点より、臨時的な給付措置として子育て世帯臨時特例給付金が支給される予定となっています。
また、この支給は児童手当の上乗せではなく、臨時福祉給付金と類似の給付金として臨時福祉給付金(簡素な給付措置)の対象となった場合は本給付金の対象外となります。

支給対象者
・基準日(平成26年1月1日)における平成26年1月分の児童手当(特別給付を含む)の受給者であって、その平成25年の所得が児童手当の所得制限額に満たない方を基本とします。

対象児童
・支給対象者の平成26年1月分の児童手当(特別給付を含む)の対象となる児童を基本とします。ただし、臨時福祉給付金の対象者及び生活保護の被保護者等は対象外です。

給付額
対象児童1人につき1万円

申請手続き
・支給対象者は、原則として、基準日(平成26年1月1日)時点の住所地の市町村(特別区を含む)に対して、支給の申請を行い、申請を受け付けた市町村にて児童手当の受給状況、平成25年の所得、臨時福祉給付金の受給資格等について審査のうえ支給予定となっています。。


尚、大阪市では、この子育て世帯臨時特例給付金において7月下旬以降での申請受付予とのことです。

支給対象者については申請方法・申請時期等を確認のうえ、ぜひこの制度を活用して下さい。

 


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?