大阪市平野区の税理士事務所【日野上総合事務所】

役員への賞与

事務所ブログ

役員への賞与

 

経営者の方は、たまに思われるのではないでしょうか?
「自分はなぜボーナスをもらえないのか?」と。
それは、社長への賞与を認めると、「今期は利益が出たので、自分にボーナスを出します。」
というような利益調整が出来てしまい、課税当局としてはこのようなことを防止したいからです。

では、社長や役員へは賞与を支払うことが出来ないのかというと、答えはNO.

社長や役員へも賞与を支払うことは出来ます。

それが、事前確定届出給与です。

事前確定届出給与とは、その役員の職務につき所定の時期確定額を支給する旨の定めに基づいて支給する給与で、
届出期限までに納税地の所轄税務署長にその事前確定届出給与に関する定めの内容に関する届出をしているものです。

つまり、誰に、いつ、どれだけの金額を支払うかを税務署長に事前に届出ておく必要があります

気をつけなければいけないのは、届出た金額どおりに支払わなければ、支払った金額のすべてが損金不算入になる。
ということです。
「利益が思ったほど出なかったので、10万円少なく支払います」とか「思いのほか利益が出たので、追加で50万円支払います」
というようなことは出来ません。
これは、最初に書いた利益調整と同じですので、認められません。
ただし、届出た金額の全額を受領辞退することは出来ます。

役員にボーナスを出す場合は、届出た金額が支払えるように、きっちりとした事業計画も必要になると思います。


大阪市平野区の税理士事務所【日野上総合事務所】

閉じる