大阪市平野区の税理士事務所【日野上総合事務所】

くいだおれ太郎は、27年公示地価の発表をどんな思いで聞いたのでしょうか?

事務所ブログ

くいだおれ太郎は、27年公示地価の発表をどんな思いで聞いたのでしょうか?

 3月18日、国土交通省は、平成27年1月1日時点の公示地価を発表しました。 公示地価は、一般の土地取引の際の土地価格の参考とされ、「土地価格動向の指標」となります。 全国の商業地の地価は前年比0.0%と7年ぶりの下げ止まりとなり、地価回復の兆しがみえます 😀 背景として、低金利で資金調達しやすくなったこと、緩やかな景気回復が続いていることが考えられ、また、 このところの円安で、海外からの不動産投資が活発化しており、特に台湾、シンガポール等の東南アジアの海外企業やファンドによる投資が東京を中心に大都市の地価を押し上げています。 公示データは、国土交通省土地総合情報ライブラリー参照 27年地価公示は、こちらへ 変動率順位表(全国) 変動率が最も高かったのは、北陸新幹線の開業で再開発が進むJR金沢駅前で、前年比17.1%上昇です。 0541449_sJR金沢駅   公示価格高順位表(全国) 公示地価の全国トップは、9年連続、東京・銀座四丁目の「山野楽器銀座本店」(3,380万円/㎡)(◎_◎;) で、変動率も前年比14.2%アップです。 ginza_img_009本店1階邦楽フロア 銀座本店Googleストリートビューはこちらへ   投資マネーは、東京圏から、大阪圏、名古屋圏をはじめ地方中枢都市へも流入しています。   3月2日、大阪名物「くいだおれ太郎」人形が入口に鎮座する、大阪・道頓堀の商業施設「中座くいだおれビル」を買収したと、香港系の投資ファンド「ダイナスティ・ホールディング・インターナショナル」(東京都千代田区)が発表しました(゚◇゚;)!!! 道頓堀界隈はアジア圏からの観光客に人気が高く、観光名所の一つとなっており、訪日客を中心にさらなる集客増を狙っているようです。 img_access くいだおれビルGoogleストリートビューはこちらへ   ただ、地方は、企業の撤退による経済活動の停滞、昨年4月の消費税アップによる住宅投資の需要低迷がブレーキとなり、地価の下落は続き、23年連続のマイナスで、三大都市圏と地方圏との二極化が鮮明となっています。 しかしながら、全国の地価のマイナス幅は縮小傾向にあります。 高すぎる東京の地価を嫌い、東京圏以外の地域への投資マネーの流入により、2015年は、地方圏の地価上昇の勢いが増すことを期待したいものです。   参照:平成26年7月30日ブログ「公示地価」と「路線価」と「基準地価」って、どう違うのでしょうか?  

大阪市平野区の税理士事務所【日野上総合事務所】

閉じる