HOME >> 経営コーチ>>人間関係の力学

人間関係の力学

経営コーチ

2014年06月24日

ポジティブとネガティブの両方をちゃんと表現することはより健康的ですが、なかなかそうはならない、というのが現状です。

例えば、ポジティブで元気な人とそうでない人という2つのパターンがあるとします。

元気のない人を見ると、人っていうのは励ましたくなるものです。これは自然に起きてしまう心の動きです。

その元気の有り余っている人を見ると、元気のない人は何か気持ちが冷めてしまう事があります。これもまた自然な動きです。

リーダーシップを発揮している経営者と温度差のある従業員…力学の観点からすると自然に起きてしまうことなのです。従業員はやる気がないわけではなく経営者のエネルギーの出し方が従業員の許容量を超えたエネルギーを出していると、そういう風なエネルギーの反応を生んでしまいます。そこに善悪はありません。

その場合経営者は自分自身の発しているエネルギー量が多かったと感じ取るだけでも変わってくるでしょう。

また、従業員は自分が能力がないと感じてしまっている場合はそれは誰かの強いエネルギーを浴びて自然と遠慮がちになるようになっており、本来の自分の姿でないということを理解しなければなりません。

この2点は互いに把握しなければなりません。

イライラする人はそこに大切な物があるからイライラする。そして、常に元気な人、常にリーダーシップを発揮しようとする人にも、じっくり考えると、そういう風にした方がいいっていう歴史があるから。その歴史の中に大事な物があるはずなんです。

そして、ニコニコして仕事をバリバリやるタイプじゃないけれども、何かムードメーカーみたいな人、でもなぜそうなのか、それに対する大事な物がありますし、ついつい遠慮したり譲ってしまったりして、その人本人は自信がない感じがしてしまうけれども、そういうところになぜかいる、そこに大事な物があるから、何か守りたかったはずなのです。

そういう風にしてそれぞれのバージョンで自分は何が大事だったかというのをゆっくり感じてみる、思い出してみると、逆にそのエネルギーをより効率的に人を攻撃したり攻めたりする事なく自然に使う事ができるようになっていきます。

 

ネガティブというのは顔を背けるものじゃない、ネガティブな感情が出た時に恐れないでそれを受け入れていくという事です。


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?