HOME >> 事務所案内>>社員旅行に行ってきました!H25.3.26

社員旅行に行ってきました!H25.3.26

事務所案内

2013年03月26日

確定申告も無事に終え、休みも束の間…去る3月17、18日に我が事務所恒例行事の社員旅行に行って参りました!
今年は福島県の会津若松市と宮城県松島町、仙台市を訪問しました。
この地を訪問した理由は、当事務所の副所長日野上達也が震災後に一度仙台市を訪れその惨状に衝撃を受け、そこから得た想いを所員らの自らの目で確認し、実感したことを胸に今後の業務に励んで欲しいという思いからこの地を訪れることになりました。

旅行初日は福島県会津若松市をメインに、白虎隊の学び舎であった日新館、鶴ヶ城、現在放映中の大河ドラマ「八重の桜」のドラマ館を見学しました。今回の大河ドラマがこの地に選ばれたのも復興支援を目的とされています。


旅館は 東山温泉の御宿東鳳。温泉は絶好のロケーションでした。美味しい御食事を頂いた後は楽しい宴の始まりです!新入所員をかわきりに思い思いに仮装をして歌ったり、得意の楽器を披露したり等々大いに盛り上がりましたよ♪

そして、2日目は 現千円札でもおなじみの福島県猪苗代町出身の細菌学者である野口英世の生家をはじめ、遺品や資料等を展示している『野口英世記念館』を見学しました。
この後は日本三景の一つでもある松島眺めながら仙台名物の牛タンや笹かまぼこに舌鼓を打ちました。


旅も終盤、福島・宮城県観光を満喫した私たちは一路仙台空港に向かいます。この辺りから風景は様変わりしていきます。
その道中、私たちは仙台市宮城野区蒲生にある標高6.05mの「日和山」に立ち寄りました。
ここは太平洋沿岸からほど近く、津波の影響を大きく受けた地域です。ガイドさんの話によると当時この日和山に避難をした方もいらっしゃったとのことですが、この日和山に立つ一本松の高さ2.5mまで津波は到達しているため、犠牲になってしまわれた方もいるとのことでした。
瓦礫はほとんど撤去されたものの、辺り一面にあったはずの住宅街が跡形もなく消え去り、その話を聞きながらこの光景を目の当たりにした時は絶句と共に何とも言えない思いになりました。



あの震災から2年経ち、メディア等でも被災地の現状を観ることもありましたが、実際に目の当たりにすると「復興」にはまだほど遠いのかなと感じると共に、だからこそ風化させてはならないと強く思いました。

大阪に戻り、顧問先様の成長の為に貢献することが間接的に被災地の方々の復興に繋がることを信じ、日々精進していこうと気持ちを新たにしました。皆さん、共に頑張っていきましょう!


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?