HOME >> 節税小ネタ(法人税)>>従業員給与の締日が末日以外の場合は、お給料も「帳端」を計上できます!

従業員給与の締日が末日以外の場合は、お給料も「帳端」を計上できます!

節税小ネタ(法人税)

2013年02月23日

従業員給与の締日が末日以外の場合は、給与の締日の翌日から末日までの発生額を未払金として、計上することができます。
例えば、3月決算法人で、給与が、20日締めの25日払いの場合は、3月21日から3月31日までに発生した金額(日割計算します)を未払い計上します。
ただし、ここで、1点だけ注意点があります。

役員報酬は対象外です。

なぜ?

なぜなら、役員報酬には日割計算という考え方が無いからです。

これは、「従業員は雇われている」、「役員は会社の経営を株主から委任されている」という考え方が基になっています。

さらに細かい注意点ですが、「使用人兼務役員」の従業員部分の給与は、計算対象で、役員部分は、計算対象外です。勢い余って、役員分も含めた全員分で未払い計上してしまうケースがあるので、注意しましょうね。


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?