大阪市平野区の税理士事務所【日野上総合事務所】

毎期継続的に消耗する事務用品などは棚卸するの?

事務所ブログ

毎期継続的に消耗する事務用品などは棚卸するの?

 

事務用消耗品、作業用消耗品、包装材料、広告宣伝用印刷物、見本品などは期末に棚卸するのが原則です。

期末に残っている金額は 「貯蔵品」勘定 に資産計上され、その期の経費になりません。

しかし、これらの事務用消耗品等 同じぐらい買って、同じぐらい消費していることが多々あります。

この、

①毎期同じぐらいの数量を取得し、

かつ、

②継続的に消費していくものに限り

購入した日の経費として計上することが認められています。
しかし、金額が大きく、毎期在庫量に大きな差がある場合、原則に従って棚卸しなければなりません。

又、作業用の工具や器具備品は固定資産です。

棚卸資産でないので注意しましょう。


大阪市平野区の税理士事務所【日野上総合事務所】

閉じる