HOME >> 節税小ネタ(法人税)>>交際費としての処理をチェックしていない場合の注意点とは?

交際費としての処理をチェックしていない場合の注意点とは?

節税小ネタ(法人税)

2013年03月8日

交際費等の範囲から「1人あたり5,000円以下の飲食費」を交際費から除外し、会議費として処理することができます。ただし、要件があります。
その要件としては、飲食その他これに類する行為(以下「飲食等」といいます。)のために要する費用について次に掲げる事項を記載した書類を保存していることが必要とされます。
 1) その飲食等のあった年月日
 2) その飲食等に参加した得意先、仕入先その他事業に関係のある者等の氏名又は名称及びその関係
 3) その飲食等に参加した者の数
   *店舗を有しないことその他の理由によりその名称又はその所在地が明らかではない場合は、領収書等に記載された支払先の氏名もしくは名称、住所もしくは居所又は本店もしくは主たる事務所の所在地が記載事項となります。

決算作業を進める中で何が交際費に計上されているかチェックしましょう。


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?