HOME >> 節税小ネタ(法人税)>>使っていないソフトウェアがある場合の節税

使っていないソフトウェアがある場合の節税

節税小ネタ(法人税)

2013年03月13日

使わなくなった高額なソフトウェアはありませんか?

業務が廃止になったり、ハードウェアの買い替え、オペレーティングシステムの更新などで、そのソフトウェアが使えなくなることってありますね。

このような場合、廃棄処分にしなくても、廃棄損の計上が出来ます。

廃棄損の金額は、「減価償却後の帳簿価格-売却可能価格」となります。

ソフトウェアの場合、過去のデータ保存のために、そのソフトウェアを保存しておいたり、販売用のソフトウェアであれば、ユーザーからの問い合わせに対応するためなど、
実際の廃棄処分がされないことが多々あります。
そういう場合でも、廃棄損の計上が出来るのです。

使っていないソフトウェアがないか、確認してみてください。


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?