HOME >> 節税小ネタ(法人税)>>仕事の紹介・情報提供時に支払う紹介手数料、交際費にならないための注意点!

仕事の紹介・情報提供時に支払う紹介手数料、交際費にならないための注意点!

節税小ネタ(法人税)

2013年03月19日

顧客から別の顧客の紹介を受けたときなど、その紹介者に対して紹介手数料を支払うことがあります。

特に不動産業の場合は多いのではないでしょうか。

 

紹介や情報提供などは、事実関係が不明確であるとみられがちで場合によっては交際費とみなされる場合があります。

こちらとしては、交際費ではなく支払手数料として処理をしたいところ。

そのためには、次の3つの要件のすべてを満たすことが必要です。

 

① あらかじめ交わされた契約に基づいて支払われたこと

② 提供を受ける情報がその契約で明らかにされており、かつ、実際にサービスの提供を受けていること

③ 支払った金額が妥当であること

ただし、取引先や仕入先の従業員などに対して支払うお金は、契約書があっても交際費になってしまうので注意しましょう。

また、日頃からこのようなことが多い場合には、契約書の定型のフォームを作っておくといいでしょう。


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?