HOME >> 相続・事業承継サポートセンター>>相続のために知っておきたい基礎知識

相続のために知っておきたい基礎知識

相続は、どんな人でも関わることのある法律上必要な手続きです。
相続手続きは、身内の死の直後から直ちにとりかからねばならないものもたくさんあります。
だからこそ、相続に必要と思われる知識や情報について日頃から学び、
いざという時にあわてることのないように備えておくことが大切です。
平成27年から相続税法が改正されたことから、
相続税への対策はより多くの人にとって身近な課題となっています。
将来の生活設計にも大きな影響を与える相続税においては、基本的な課税の仕組みや種類、
ルールについて知っておくことで、余裕を持った対応が可能になります。
また、生前贈与や不動産相続などを通じた節税対策を学ぶことは、
遺産分割協議や相続手続きをスムーズに進める大きな一助となるでしょう。
決まりごとの多い相続問題の悩みは専門家のアドバイスで着実に解決していくことが、
相続完了の一番の近道です。

相続税・贈与税の意味と税率の違い

相続税と贈与税は税率や意味にも違いがあります。相続税は遺産を誰かに相続するときに課税されます。さらに相続税よりも贈与税の方が税金対策としては効果的なのも大きな違いです。

-続きを読む-

不動産を生前贈与して税金対策

財産を子供や孫に相続するときは、相続税か贈与税が課税されます。不動産の生前贈与は年間の非課税額が少ないので、その範囲内であれば課税されません。このメリットはおさえておくべきです。

-続きを読む-

無税でできる孫への教育資金贈与

最近注目されつつある教育資金という制度は子供や孫に贈与という形で財産を渡す制度ですが、1500万円の間であればこれが無税で受け取れるということで注目を集めています。

-続きを読む-

相続税を納めなくてよい結婚・子育て贈与

結婚・子育て贈与は教育資金とは異なり、結婚準備や子育てに関することに限定して使用することが許された無税の贈与システムです。使い方によっては節税対策としても効果的です。

-続きを読む-

親との同居で大幅に相続税が減税できる

親と同居してその土地を相続した場合に限り受けられる小規模宅地特例をご存知でしょうか。この特例を利用すれば、8割もの減税が見込めると言われているので節税対策としても有効な方法です。

-続きを読む-

生命保険による相続税の節税対策

現金や土地で遺産相続をすると相続税が発生しますが、生命保険の場合は500万円×相続人の数だけ非課税となるので節税対策をしながら相続を行うことが可能となっています。

 

-続きを読む-

相続時精算課税制度のメリット・デメリット

相続時精算課税制度は上手く活用することでかなりお得な思いができる制度だと言えます。相続税の節約などができるメリットもあるので、相続時精算課税制度を検討するのもアリでしょう。

-続きを読む-

養子縁組で相続人を増やし相続税を減税

相続税の減税をしたいなら養子縁組をするというのもひとつの手です。子どもを増やすことにより、法定相続人が増え(規定あり)、支払うべき相続税の金額を減らすことができます。

 

-続きを読む-

相続税の減税に効果的な贈与金額の上限

相続税の支払いは誰しもが行う必要があるものではありません。しかし資産家の場合など多額の税金がかかることもあり、それを回避するために生前贈与をすることもあります。

-続きを読む-

生前に墓地や仏壇を購入して、相続税を節税

相続税の支払いで困り果てている人もいるでしょう。節税法もあり、仏壇や墓地を生前に購入しておくというのもひとつの方法です。あまりに立派過ぎるものだと認められないかもしれません。

-続きを読む-

タワーマンションの購入による相続税の節税

タワーマンションの購入で、相続税を節税することができます。露骨なやり方はまずいでしょうが、有効な方法です。評価額を抑えられる、人気があってすぐに売れる、という点が魅力でしょう。

-続きを読む-

年間110万円を生前贈与して節税しよう

生前贈与には、年間110万円という基礎控除の枠があります。これにより、相続税の節税が可能になるでしょう。生前贈与だと被相続人の意志を尊重しやすくなるのでおすすめの方法だといえます。

-続きを読む-

婚姻20年以上の夫婦の節税にオススメの配偶者控除

相続税はあまり支払いたくないと思うのは当然です。生前に結婚して20年以上経過している夫婦にだけ適用されるお得な制度(条件あり)があります。2000万円の非課税枠が与えられます。

-続きを読む-

広大地評価で
大幅な節税がみこめる?

相続する際に土地を受け継ぐケースも少なくありません。もし広大地評価が認められた場合は、相当額の相続税を抑えることが可能です。広大地評価は平成16年にできた制度です。

-続きを読む-

相続税の節税となるアパート購入

子孫の相続税を軽減するために非常に有効な手段が「不動産による相続」です。不動産相続の中でも、将来的な収入を考えればアパートを購入して相続させることが最も有効です。

-続きを読む-

相続税の減税となる相次相続控除とは

ある年に父親が亡くなって相続が発生し、数年後に母親が亡くなって短い間隔で二度の相続が発生することを『相次相続』と呼びます。相次相続は相続税負担を軽減するための特別控除があります。

-続きを読む-

配偶者特例による相続税の減税とは

配偶者特例による相続税の減税は、配偶者控除ともいわれ、配偶者の法定相続分には相続税がかからないと定められています。また、法定相続分を超えても1億6千万円までは控除の対象になります。

-続きを読む-

贈与税が非課税になる
「結婚、子育て資金の一括贈与」

「結婚、子育て資金の一括贈与」は金融機関で口座を開設し、使用用途を明確にすることで非課税となる贈与方法です。贈与されたお金は50歳まで引き落とすことができます。

-続きを読む-

法定相続人と基礎控除について

相続税は課税価格に基礎控除を引いた財産に対して課せられます。基礎控除の計算式は「3000万円+600万円×法定相続人の人数」となるため、法定相続人がキーポイントとなります。

-続きを読む-

代襲相続とその相続分について

代襲相続は、孫・ひ孫への相続であり、第一順位と第三順位に権利が移った際に起こり得ます。代襲相続は法定相続人の代わりと考えるとわかりやすく、納得できる仕組みになっています。

-続きを読む-

相続税の計算方法

遺産などを親から相続すると相続税がかかりますし、計算方法についても多少は知っておく必要があります。税金を節約するには現金のままではなくアパートなどにしてしまったほうがお得です。

-続きを読む-

相続税の仕組みとは

財産を相続したら相続税がかかってきますが、仕組みなどについて詳しくご存じの方は少ないでしょう。課税されるものもあればそうでない遺産もありますから節税のために覚えておきましょう。

-続きを読む-

住宅取得資金贈与における節税

住宅取得資金贈与は父母および祖父母等の直系尊属からの贈与の場合、一定額までは贈与税がかかりません。相続税の計算をするときも対象外となります。ローン減額につながります。

-続きを読む-

被相続人の退職手当金を節税するには

被相続人の死亡退職手当金は500万円×法定相続人の数までは非課税です。ただしその限度額を超えてしまうと課税対象となりますので相続税を支払うことになります。気を付けましょう。

-続きを読む-
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集

このマークの意味は?