年間110万円を生前贈与して節税しよう

 

生前贈与制度を活用して相続税の節税をしたい

相続税はかなりたくさん支払わなくてはいけないもの…と、諦めている人もいるでしょう。
しかし、相続税は事前に節税をすることも十分可能ですし、数多くの人が様々な方法で節税を行っています。
節税方法のひとつが、不動産を購入する方法です。
所有している資産の評価額は低いので、現金で持っているよりも相続税は低くなります。
それ以外にも生前贈与を行うことで、相続する資産を減らすという方法もあるでしょう。
生前贈与をすると通常は贈与税がかかりますが、年間110万円以内であれば非課税となっているので、この制度を有効活用することによって、被相続人が生きているうちから、相続税の節税対策ができるわけです。
この方法を実践している人達は意外と多く、非課税の範囲内で生前贈与を何度も行っている形です。
ただし、こういった基礎控除を利用した節税対策を行っていると、110万円以内でも稀に課税されることもあります。
様々な可能性が想定されるわけですから、日野上総合事務所に事前にご相談ください。

 

相続税の節税のために基礎控除枠を上手く利用したい

相続税の節税のひとつとして、年間110万円の基礎控除という制度があるので、活用しない手はありません。
毎年のように頻繁に繰り返したりする時の注意点や、その他税務署に認めてもらうための注意ポイントなどもあるので、これらについても日野上総合事務所にご相談ください。
例えば、110万円の生前贈与を12回行うと1320万円となりますので、この節税方法を実施するのとしないのとでは、大きな違いが生じるでしょう。
そして生前贈与というと、被相続人がまだ生きているうちに行いますので、被相続人の思い通りに贈与することができます。
贈与ではなく相続という形になると、いくら遺言状を残していたとしても、故人の考えていた通りにしももらえるか心配でしょう。
被相続人の意思を尊重し、さらには悩みの種でもある相続税の節税まで行えるのですから、生前贈与の基礎控除については活用するべきです。


日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集

このマークの意味は?