相続税の計算方法
 

相続税の計算方法

親などの身内から、遺産を相続するというケースは多々あります。
相続する遺産と言えば現金がまず思い浮かびますが、遺産が必ずしも現金だとは限りません。
土地や建物などの不動産資産や、有価証券のケースが多いようです。
また、相続する遺産には借金などの負債も含まれる、ということを覚えておきましょう。
親から遺産を相続するということは、こうした負債も一緒に相続してしまうことになります。
遺産などを相続すれば当然相続税がかかってしまいますが、相続税金の計算方法をご存じの方は少ないと思います。
相続税の計算方法ですが、土地や建物、預金などから借入金、未払金などの債務を引いたものが正味遺産です。
さらに、課税遺産総額は、正味の遺産から基礎控除額を指しい引いたものとなります。
相続税の計算方法は、専門家に相談したら丁寧に教えてもらえますから、相続税の計算方法が分からない、自分で計算するのが面倒という方は専門家に依頼しましょう。

 
 

相続税の節税について

計算方法については大体理解できたかもしれませんが、やはり相続で一番気になるのは「支払い税額を少しでも安くできないか」ということではないでしょうか。
あまりにも高い税金を支払うのは、誰でも嫌なものですし、少しでも節税したいと考えるのは当然のことです。
現金でそのまま相続するのと、アパートなどの賃貸物件として相続するのとでは、相続税評価額が大きく変わってきますし、支払う税金も大幅に少なくなります。
税金の評価額が30パーセントダウンするということになるため、支払う税金も当然少なくなるというわけです。
相続したお金を使って、賃貸マンションやアパートの運営に乗り出す方が多いのは、こうした理由が挙げられます。
ほかにも節税の方法はいろいろとありますから、トータルでプランニングしたいのなら専門家に相談すると、適切なアドバイスをもらえるでしょう。
相続対策のプロにぜひ相談してみてください。


日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集

このマークの意味は?