相続税の計算方法
 

相続税の仕組みについて

相続税の仕組みについて、詳しくご存じという方は少ないでしょう。
どのような財産に相続税がかかってくるのか、どれくらいかかってくるのかということを知っている方は少ないでしょう。
どんな財産に相続税がかかるのかというと、これは被相続人が死亡する日まで有していたあらゆる財産が含まれており、株式や現金、預金、土地や建物、ゴルフ会員権なども含まれます。
逆に非課税になる財産とはどのようなものかというと、墓地や墓碑、仏壇、仏具といった祭祀具は非課税となります。
また、被相続人が生前抱えていた債務に関しては相続財産から差し引かれますから、覚えておきましょう。
差し引きできる債務は借入金や未払金、国税や固定資産税などが挙げられ、まだ納めていなかったものも含まれてしまいます。
相続税の仕組みは多少複雑ですから、仕組みについてもっと詳しく知りたい方は専門家への相談をおススメします。

 
 

相続税を節税する方法

財産を相続したことによって税金を納める義務が発生してしまいますが、できることなら節税したいと考えるものです。
節税の方法もいろいろとありますが、養子縁組による節税方法も存在します。
養子縁組による節税効果ですが、まずは基礎控除額が増えるということが挙げられ、相続人が一人増えると基礎控除額が600万円増加します。
また、生命保険の非課税枠が増えるというのもポイントで、非課税の枠が一人分の500万円増加するのです。
養子縁組して相続人が増えることによって、相続人一人当たりの受取金額が少なくなり、これによって税率の区分も変化します。
トータルで税金が安くなることがありますから覚えておきましょう。
節税の方法についてはここでご紹介した養子縁組を使った方法以外にもたくさんありますから、気になる方は専門家に相談してみるのもお勧めです。
また、養子縁組をした場合、その後親戚でもめる可能性もあるので、専門家に相談しましょう。
相続税を節税する方法をプロに相談すると、的確なアドバイスがもらえるはずです。


日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集

このマークの意味は?