代襲相続とは

節税小ネタ(相続税・贈与税)

2014年06月18日

子と兄弟姉妹が相続する場合には代襲相続があります。
本来血族相続人として相続人となるべき人が相続開始の時すでに死亡していたときなどに、その子や孫が親に代わって相続します。
代わりに相続人となる人を代襲相続人といいます。もし、孫もすでに死亡していれば曾孫、玄孫というように直系卑属のラインで代襲が続いていきます。再代襲相続といいます)
兄弟姉妹についても、被相続人より先に死亡している兄弟姉妹については、その子(被相続人の甥、姪)が代襲相続人として相続します。
ただし、兄弟姉妹の場合は甥、姪で終わりでそれより下に代襲は続きません。
代襲相続が起きるのは、このように相続開始以前の死亡の他、相続人であった人が相続排除や相続欠落によって相続権を失った場合にも起きるのです。
相続放棄をした人は、初めから相続人でなかったとみなされるので代襲相続は起こりません。


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?