HOME >> 所長の眼鏡>>トランプはゲームをするつもりか?

トランプはゲームをするつもりか?

所長の眼鏡

2017年02月1日

子供の頃によくやったトランプゲームですが、カードを全員に均等に配り、親から順番にカードを出していきます。

カードを出す人は、直前に出されたカードよりも強いカードを出さなくてはなりません。

もし、2枚組で回ってきたら、自分もより強いカードを2枚組で出さなくてはなりません。

出せるカードがない場合や出せるけどまだ残しておきたい場合は、パスをします。

自分の手札がなくなったら「アガリ!」です。

 

 

「大富豪」というトランプゲームですが、最後の一人になるまで繰り返し、一番にあがった人が「大富豪」になります。

二番目にあがった人が「富豪」、最後から二番目にあがった人が「貧民」、最後まで残っていた人が「大貧民」となります。それ以外の人は「平民」です。

このゲームの醍醐味は、2戦目以降、大富豪は大貧民に不要なカードを2枚渡し、大貧民は大富豪に手札の中で最強のカードを2枚渡さなければなりません。

同様に、富豪は貧民に不要なカードを1枚渡し、貧民は富豪に最強のカードを1枚渡します。

すなわち、2戦目以降は始まる前から大きなハンデが与えられるのです。

さらに、8切りやイレブンバック、しばり、スペードの3など特殊なルールが場を盛り上げます。

 

 

懐かしいと思われた方も多いと思いますが、このトランプゲームの「大富豪」が現実の世界に現れました。

大富豪のドナルド・トランプ氏です。

なんと彼は大富豪のゲームをするために、アメリカの大統領となって現れたのです。

現時点ではそんな印象を持っています。

就任演説を聞くと、彼の頭の中にある経済は、30年前にアメリカ人が日本人に対して抱いていた発想です。

第2次産業に限られた話で、時代錯誤も甚だしいと思います。

第2次産業とは、農林業、漁業、鉱業など第1次産業で生産した原材料を加工する産業です。

から小麦粉やパンを作ったり、木材から家を建てたり、魚からかまぼこを作ったり、鉄から自動車を作ったりすることです。

つまり、製造業や建設業で、米国における第2次産業は、米国企業によって淘汰されました。

その後、レーガン革命によって通信や金融などの分野が台頭し、大いに繁栄します。

現在、米国の80%は第3次産業に従事しており、第3次産業とは、小売業や運送業、飲食、医療、通信、金融など、形にならないものです。

第2次産業で敗北した人たちが、「雇用を取り戻す」というトランプ大統領のメッセージを受けて支持したのですが、現実的にはまず不可能でしょう。

米国は第3次産業の発展で強くなりすぎているのが現実で、トランプ大統領の認識は完全に間違っています。

 

また、「America First」というキーワードだけで、「世界」という言葉が出てきません。

選挙中は、もしかしたら?という期待もありましたが、やはり「好感を持てない」というのは致命的です。

「メキシコとの国境に塀を築いてメキシコに払わす」とか、中国や日本に対しても、とにかくケンカ腰です。

「関税をかける」「条約を破棄する」といった言動は、いかにもトランプゲームの特殊ルールのようで、バブルの頃の地上げ屋のようなやり方です。

しばらくは放っておくしかないのでしょうか…。

 

中国のことわざに「大国を治むるは小鮮を煮るがごとし」という言葉があります。

国を治めるのは小魚を煮るようなもので、やたらかき回してはならない、という意味です。

会社経営にも当てはまりますが、これから世界中かき回しそうですね。。。

 

 


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?