HOME >> 所長の眼鏡>>正しい呼吸法

正しい呼吸法

所長の眼鏡

2017年03月1日

生徒「こんなことやって将来何の役に立つんですかー?」

 

先生「こんなことも出来ない君は将来何の役に立つんですかー?」

 

なかなかセンスのある笑い話ですが、私も学生の頃は同じような疑問を持ちました。

ただ、こんな洒落たことを言う先生はいなくて、「いつか役に立つ時が来るから…」という理由にもならない理由で説明されるのがオチでした。

何のためにこの知識を学ぶのか、という説明がないのです。

 

これは、教育における「入」「出」のバランスが取れていないのです。

「入」とは頭の中に知識を充てんする局面。

「出」は逆に持っている知識を使う局面です。

会計には「入」と「出」があり、「入」の方が多いと利益になり、「出」の方が多いと赤字になります。

そして、このバランスは必ず合うようになっています。

 

 

ところが日本の教育では、小学校から大学まで、知識をどう使うかではなく、どう入れ込むかという教育ばかりで、バランスが取れていません。

その結果、「しゃべらない」「かかわらない」「キレる」という若者が急増しているように思います。

 

社会人になると、動く前にひたすら知識をため込む人がいます。

知識武装しないと動けないタイプです。

しかし、英語の知識をいくら頭に詰め込んでも、使う機会がなければ一向に英会話が上達しないように、いざというときに実力を発揮できません。

また、動くためには経験が必要だと考える人もいます。

経験を積むまでもう少し時間が欲しいと言って、結局、動こうとしない。

すべて入と出のバランスが取れていません。

こういう人たちは、最後に「キレる」「辞める」という行動でバランスを取るのです。

先日「出家する」という人もいましたが…(^^;)

 

 

人はインプットの次にアウトプットがあると考えがちですが、むしろ重要なのはアウトプットの方です。

思い切りアウトプットするから、インプットの必要性を痛感するのです。

そもそも人間にはその能力が備わっています。

 

それは「呼吸」です。

 

意識する人は少ないですが、正しい呼吸法は、吸って吐くのではなく、吐いて吸うのです。

息をとことん吐き切った後は、自然に息が吸い込まれます。しかも最小限の努力で。

この吐く息のことを「呼気」といいます。

すなわち「呼ぶ気」ですね。

人を呼ぶときは、息を吐かないと呼べないのです。

だから人が息を吐くのを「呼気」と名付け、息を吐くことによって吸うことも呼ぶ。

呼吸という字が「呼」が先で「吸」が後になっているのには、意味があるのです。

 

 

 

スキューバーダイビングの初心者は、水中で怖いから吸うことばかり考えるそうです。

吸って、吸って、吸って、「くっ、くるしい…」となるわけです。

会話でも、しゃべりっぱなしの人もいれば、黙ってばかりの人もいます。これは相手が疲れます。

商売でも、商品をいくら仕入れても売れなければ在庫です。製品をいくら作っても売れなければ在庫です。

それが嫌なので仕事が来るのを待っている。

これらはすべて、営業とのバランスが取れていないのです。当たり前のことですよね。

 

ちなみに、誰でも口からマイナスなこともプラスなことも吐きます。

だから「吐く」という字は「口」と「+」と「-」でできています。

そして、マイナスのことを言わなくなると、「-」が消えて「叶う」という字になるのです。

日本語って、おもしろいですね(^^)

 

 


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?