HOME >> 所長の眼鏡>>なんと!平城遷都1300年

なんと!平城遷都1300年

所長の眼鏡

2010年01月1日

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年はバンクーバー冬季五輪、サッカーW杯南アフリカ大会と、世界規模のスポーツの祭典で盛り上がることでしょう。

(我らが阪神タイガースも寅年なので頑張って欲しいものです…^^;)

さて日本国内では、平城京(710年)・・・それから、なんと(南都^^;)ちょうど1300年。

いよいよ、奈良の地で「平城遷都1300年祭」が開催されます。

お隣の大阪にいても、まったく盛り上がりを感じないのは私だけではないはずですが、平城京とはいったい…!?

EXP=1363608649

平城京は、都だった期間は意外と短く、74年後に長岡京へ遷されています。

なぜ当時、盛んに遷都が行われたのでしょうか。

その歴史を紐解けば分かるのですが、古代の日本の姿は活力旺盛だったようです。

 

昔、日本には、あちこちに強い人がいて、それぞれ「自分が一番強い!」と言っていた時代がありました。

その中で一番強い人が、やがて皆を束ねるようになると、人々はその強い人の家へ諸事報告をしに行きます。

その最有力者の住まいが「宮」と呼ばれるようになっていたのでしょう。

しかし、大陸にはもっと強大な国があって、それらは海の果ての日本という土地にまで目を向けていた。

そこで、「もっとまとまらないとマズいんじゃないか…」という必要性を感じ、大陸に倣って「京」(みやこ)を作ったのではないかと言われています。

京の造営とはもっぱら外交を意識したもので、そういった当時の人たちの気持ちが、壮大な都を作り、それが今に残っているのです。

遣隋使の始まった聖徳太子の時代がまさにそうですが、もし、当時の人たちがそういう意識を持たずノホホンとしていたら、今頃我々は「ニイハオ」と言っているかもしれません(笑)

 

それにしても、藤原京は16年、平城京は74年、長岡京は10年、そして平安京へと、驚くほどのスピードで遷都されていきます。

一般的に水事情、トイレ事情が原因だという説もありますが、長岡京などはどう考えても風水で説明がつかないらしく、平安京は、それはもう風水にピッタリはまる土地なんだそうです。

しかし、大仏の建立や万葉集に出てくる歌などから、平城京まであったパワーはどんどん衰退していき、平安文化は内へ内へ篭るようになっていきます。

気がついた時には「武士」という人たちが政治を動かしていた…ということになるのですが、実質の無さという点では、現在の東京も同じかもしれません。

 

一見先進的で国際色があるように見え、日本の中心として威張っていますが、「日本の首都」という自覚はほとんどありません。

世界に向けてエネルギーを発信する力を無くしてしまっている感じがします。

1300年前には、大陸を視野に入れて、躍動的に生きた人たちがいた国なのに。。。

時代とともに変わったもの、変わらないもの。奈良には歴史が息づいています。

遷都以降、原っぱになったからこそ、手付かずであったからこそ、1300年の時を超えて古代の面影を間近に見ることができるのです。

今年は、古代の人々に想いを馳せながら、奈良の地を歩いてみませんか。

当時のエネルギーを感じることができれば、見えないパワーが沸いてくるかもしれません。


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?