HOME >> >>~個人住民税の公的年金からの特別徴収が始まります~

~個人住民税の公的年金からの特別徴収が始まります~

2009年10月1日

個人住民税の公的年金からの特別徴収が始まります

平成21年10月から、公的年金に係る所得に対する個人住民税(府民税・市町村民税)のお支払い方法が変わります。
公的年金を受給されていて、個人住民税の納税義務のある方は、現在、金融機関等に出向き、窓口で個人住民税をお支払いただいていますが、今回の制度導入により、個人住民税が公的年金から引き落とし(特別徴収)されることとなります。この制度は、個人住民税のお支払い方法を変更するものであり、これにより新たな負担は生じません

対象となる方

平成21年4月1日現在で下記のいずれにも該当する方

・年齢が65歳以上の公的年金受給者で、個人住民税の納税義務がある
・年額18万円以上の老齢基礎年金又は老齢年金、退職年金等を受給している

対象となる税額

公的年金、共済年金、企業年金などを含む全ての公的年金等にかかる所得額に応じた税額が引き落とし(特別徴収)の対象となります。
老齢基礎年金又は老齢年金、退職年金等から引き落とし(特別徴収)されます。

※一部の市町村は特別徴収にならない場合があります。詳細はお住まいの市町村へお問い合わせください。


前の記事 TOPICSトップへ 次の記事
2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?