HOME >> >>生命保険料控除制度が改正されます!

生命保険料控除制度が改正されます!

2010年12月1日

平成22年度税制改正により現行の「一般生命保険料控除」と「個人年金保険料控除」に加え、別枠で「介護保険料控除」が新設されます。契約日が平成24年1月1日以降の契約から適用されます。

現行制度
合計適用限度額
10万円
p>

一般生命保険料控除
(適用限度額:5万円)

 

個人年金保険料控除
(適用限度額:5万円)

     

新制度
合計適用限度額
12万円

一般生命保険料控除
(適用限度額:4万円)

介護医療保険料控除※
(適用限度額:4万円)

個人年金保険料控除
(適用限度額:4万円)

現在の一般生命保険のうち、主契約及び各特約について、死亡保険金額が入院給付金日額100倍以下であること等、一定のルールに基づいて介護医療保険料控除の対象契約に該当するか判定されます。

【平成24年1月1日以降】新旧制度の控除額通算例(所得税の場合)

『ケース1』
平成23年12月31日までに
一般生命保険と個人年金保険に加入の場合
  一般生命保険料控除 上限 5万円
  個人年金保険料控除 上限 5万円
   合計適用限度額   上限 10万円

『ケース2』
平成23年12月31日までに一般生命保険加入と
平成24年1月1日以降に個人年金保険に加入の場合
  一般生命保険料控除 上限 5万円
  個人年金保険料控除 上限 4万円
   合計適用限度額   上限 9万円

『ケース3』
平成23年12月31日までに一般生命保険加入と
平成24年1月1日以降に個人年金保険及び介護医療保険に加入の場合
  一般生命保険料控除 上限 5万円
  個人年金保険料控除 上限 4万円
  介護医療保険料控除 上限 4万円
   合計適用限度額   計  13万円   しかし・・・合計適用限度額はあくまで12万円となります!

住民税については・・・

(現行制度)
  各控除額 35,000円
  全体控除限度額 7万円

       

(新制度)
  各控除額 28,000
  全体控除限度額 7万円

契約日が平成23年12月31日以前の契約については、平成24年1月1日以降も現行制度(上限10万円)が適用されます。よって一般の生命保険及び個人年金へ今後ご加入される場合は平成23年中の契約が有利となることがあります。ご検討中の方は当事務所までご相談下さい。


前の記事 TOPICSトップへ 次の記事
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?