大阪市平野区の税理士事務所【日野上総合事務所】

復興特別所得・法人税等税制改正大綱が決定!

TOPICS

復興特別所得・法人税等税制改正大綱が決定!

 10月11日の政府税制調査会において税制改正大綱が決定されました。この大綱を基に改正法案が立案され、臨時国会で年内の成立を目指します。主な内容は「復興特別所得税の創設など臨時的な税制措置」「平成23年度税制改正法案による財源確保及び所要の修正」の2点です。 <復興特別税の創設など臨時的な税制措置> 【国税】  ●復興特別所得税      所得税額 × ツꀀ4% (平成25年~平成34年の10年間)  ●復興特別法人税      法人税額 × 10% (平成24年4月1日~平成27年3月31日までに開始する事業年度) 【地方税】  ●個人住民税 均等割の税率 ⇒ 年間500円引上げ(平成26年度~平成30年度分まで) 道府県民税 1,000円 ⇒ 1,200円 市町村民税 3,000円 ⇒ 3,300円 【たばこ税】   1本当たり2円引上げ(国税・地方税合わせて) 平成23年度税制改正法案による財源確保及び所要の修正>

審議中の税制改正項目

変更前

変更後

給与所得控除の上限、成年扶養控除の見直しに係る源泉徴収の適用開始時期

平成24年1月1日

平成24年7月1日

法人税率の引下げ、中小企業者の軽減税率の引下げ等

平成23年4月1日以後開始する事業年度から

平成24年4月1日以後開始する事業年度から

相続税の基礎控除の引下げと税率構造の見直し

平成23年4月1日

平成24年1月1日

贈与税の税率緩和と相続時精算課税の対象拡大

平成23年1月1日

平成24年1月1日

更正の請求期間の延長等(1年→5年)

平成23年4月1日

改正法施行の日

※成立後の内容等は今後決定される平成24年度税制改正大綱と併せてご報告致します。詳細は当事務所職員までお尋ね下さい。

大阪市平野区の税理士事務所【日野上総合事務所】

閉じる