HOME >> >>消費税軽減税率の準備を始める際に補助金を活用しましょう!

消費税軽減税率の準備を始める際に補助金を活用しましょう!

2018年09月1日

 

2019年10月1日より消費税が8%から10%に引き上げられます。

これに伴い、消費税の軽減税率が実施されることになり、複数の税率が混在することになります。

今回は、その準備として注意しておくべき点と、レジの導入等やシステム改修により経費の一部を補助する軽減税率対策補助金をご紹介します。

軽減税率(8%)の対象品目になるのは・・・

●飲食料品(お酒と外食は除きます!)

●週2回以上発行される新聞(定期購読のみ)

軽減税率対策補助金

A

複数税率対応レジの導入等支援

A-1型 レジ導入型

A-2型 レジ・改修型

A-3型 モバイルPOSレジシステム

A-4型 POSレジシステム

※リースも可能

※A型は証明書が必要です。

 

B

受発注システムの改修等支援

B-1型

受発注システム・指定事業者改修型

B-2型

受発注システム・自己導入型

※原則既にEDI/EOS等の電子的受発注を利用していることが前提

 

補助金額

A型・・・補助率2/3

レジ1台あたり20万円が上限(1事業者あたり上限200万)

B型・・・補助率2/3

小売業の発注システムの場合上限1,000万、卸売業の受注システムの場合上限150万、両方の場合上限1,000万

※その他に対象経費等など補助率が変わるものもあります。

 

申請期限

A型及びB-2型・・・2019年12月16日(2019年9月30日までに導入又は改修)

B-1型・・・2019年6月28日(2019年9月30日までに事業完了が前提)

 

来年慌てないためにも補助金を活用して早めに準備を進めていきましょう!

 


前の記事 TOPICSトップへ
2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?