HOME >> 節税小ネタ(所得税)>>パート収入はいくらまでだったら所得税がかからないの?

パート収入はいくらまでだったら所得税がかからないの?

節税小ネタ(所得税)

2016年04月12日

いよいよ新学期がスタートしましたね!(^^)

お子さんの手がある程度離れてきたので、ちょっとパートにでも出て働いてみようかな!?と思われているママもいっらしゃるのではないでしょうか?

 

今回はパート収入でいくらだったら所得税がかかるの?かからないの??の所得税のボーダーラインについてお知らせしたいと思います。

 

配偶者の収入がパート収入だけの場合、所得税に関して次の3つのことが問題になります。

 

1.配偶者本人の所得税の問題

パートにより得る収入は、通常給与所得となります。給与所得の金額は、年収から給与所得控除額を差し引いた残額です。給与所得控除額は最低65万円ですから、パートの収入金額が103万円以下(65万円プラス所得税の基礎控除額38万円)で、ほかに所得がなければ所得税はかかりません。

 

2.配偶者控除の問題

配偶者の合計所得金額が38万円以下であれば、納税者本人は、所得税の配偶者控除を受けることができます。つまり、配偶者の収入がパート収入だけの場合、その収入が103万円以下であれば給与所得控除額の65万円を差し引くと所得金額は38万円以下となり、配偶者控除が受けられるということになります。

 

3.配偶者特別控除の問題
所得税の配偶者特別控除が受けられる主な要件は次の2つです。

(1) 納税者本人の合計所得金額が1千万円以下(給与収入だけの場合には、おおむね年収1,230万円以下)であること。

(2) 配偶者の合計所得金額が38万円超76万円未満であること。
このことから、(1)の要件に該当する場合には、配偶者のパート収入が103万円超141万円未満で、ほかに所得がなければ配偶者特別控除を受けることができます。配偶者特別控除の控除額は最高で38万円ですが、配偶者の合計所得金額に応じて控除額は、次の表のようになります。

 

 

配偶者特別控除

 

 

例1:収入104万円の場合

収入104万円-給与所得控除65万円=合計所得金額39万円 → 配偶者特別控除38万円

例2:収入141万円の場合

収入141万円-給与所得控除65万円=合計所得金額76万円 → 配偶者特別控除0円

 

上記のように配偶者特別控除の額は、配偶者の所得金額により異なり、配偶者の所得が増えるに従い38万円から段階的に少なくなっていきます。

 

参考:配偶者控除と配偶者特別控除

 

 


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?