事務所ブログ

リアルタイム口座引落しサービス”PayB(ペイビー)”をご存知ですか?2019.03.18

 

新元号発表の日”4月1日”まであと少しとなりました。どんな元号となるのか今から楽しみですね。


さて、もうそろそろ2019年分固定資産税の納付書がお手元に届くころかと思いますが、今年の1月よりスタートした大阪府と大阪市の税金が納付できるリアルタイム口座引落しサービス”PayB(ペイビー)”をご存知ですか?


PayBとは、スマートフォン・タブレット端末から納付書に印字されている「コンビニ収納用バーコード」を読み取ることで、アプリに登録した口座から金融機関での手続きなしで即時に引落し、府税・市税が納付できるサービスです。


クレジットカード納付の場合ですと5,001円以上はシステム手数料がかかってしまいますが、PayBだとシステム手数料はかかりません!

参考ブログ:大阪市税クレジットカード納付について


対象税目

※お住いの市町村によっては、PayBが利用できない場合がありますので各地方公共団体にご確認ください。


【大阪府の場合】

 ・自動車税

 ・個人事業税

 ・法人府民税、法人事業税(地方法人特別税を含む)

 ・府民税利子割

 ・府民税配当割

 ・府民税株式等譲渡割

 ・不動産取得税

 ・ゴルフ場利用税

 ・軽油引取税

 ・宿泊税


【大阪市の場合】

 ・個人市・府民税(普通徴収)
 ・個人市・府民税(特別徴収)
 ・固定資産税・都市計画税(土地・家屋)
 ・固定資産税(償却資産)
 ・軽自動車税
 ・法人市民税
 ・事業所税
 ・市たばこ税
 ・入湯税


納付手続きに必要なもの

 ・納付書1枚当たりの納付金額が30万円以下で、コンビニ収納用バーコードが印刷された納付書



※コンビニ収納用バーコードが印刷されていない納付書では利用できません。


 ・スマートフォン・タブレット端末
 ・アプリケーションPayB等


※金融機関によって対応アプリケーションが異なります。対応アプリケーションの確認および利用可能な金融機関の確認はPayBホームページから行ってください。


 ちなみに、三菱UFJ銀行・みずほ銀行・じぶん銀行・ゆうちょ銀行は、こちらのアプリで利用可能です。

PayB
PayB
無料
posted withアプリーチ

利用方法

  1. スマートフォン・タブレット端末に、アプリケーションをインストールし、初回登録時のみ氏名や住所、支払用パスコード等を登録します。
  2. 1の登録完了後、アプリケーションを起動するとスマートフォン・タブレット端末のカメラが起動しますので、納付書に印刷されている「コンビニ収納用バーコード」をスキャンします。
  3. 支払情報を確認し、支払用パスコードを入力すると支払が完了します。


PayB利用の際の注意点

 ・府税、市税事務所やコンビニエンスストア等の窓口でPayBを利用した納付(窓口払い)はできません。
 ・領収書は発行されません。

 ・納付書1枚あたりの金額が30万円を超える場合、PayBによる納付はできません。
 ・パソコン・ガラケーからPayBによる納付はできません。


簡単にいつでもどこでも手数料なしで府税・市税の納付ができる便利なサービスですので、活用してみてはいかがでしょうか?