HOME >> 税制改正(所得税)>>住宅ローン減税と住宅取得資金贈与非課税について

住宅ローン減税と住宅取得資金贈与非課税について

税制改正(所得税)

2019年10月21日

住宅ローン減税

消費税10%で物件を取得すると減税が3年延長

住宅ローン減税は、住宅市況に応じて課税対象になる住宅ローン残高や割合、年数などが変わります。

2019年10月より、消費税率が8%から10%になり増税後10%で住宅を取得した場合には、課税される期間が3年間延長されることになります。

3年延長の内容は2パターンあり、金額の小さい方が適用されます。

① 年末ローン残高の1%が引き続き3年間減税のなるケース

② 建物購入価格(4,000万円を限度)の2%に当たる金額を3年に分けて減税する

*2019年10月1日~2020年12月31日までに入居

住宅ローン減税は、まとまった減税になるため、利用条件を満たす場合、漏らさず手続きしたいものです。

 

住宅取得資金贈与

20歳以上の人が父母や祖父母から住宅取得資金の贈与を受けた場合、一定額まで贈与税が非課税になる制度です。

住宅用家屋の新築等に係る契約の締結日 2019年4月1日~2020年3月31日

消費税率10%

非課税限度額(省エネ住宅等3,000万円

適用要件

① 住宅の取得に充てるために金銭の贈与を受け、実際にその金銭を住宅の取得資金に充てること

② 直系尊属(父母・祖父母等)からの贈与であること

③ 贈与を受ける者がその贈与年の1月1日において20歳以上であること

④ 建物の床面積が登記簿上の面積で50㎡以上240㎡以下であること

⑤ 贈与を受ける者の贈与を受けた年の合計所得金額が2,000万円以下であること

⑥ 贈与年の翌年3月15日までに物件の引渡しを受けること

⑦ 贈与年の翌年3月15日までに居住すること、または、居住することが確実であると見込まれること

⑧ 贈与の翌年の2月1日から3月15日までの間に贈与税の申告を行うこと

⑨ 2009年分から2014年分までの贈与税の申告でこの制度を利用していないこと

 

住宅ローン減税・住宅取得資金贈与の申告お任せ下さい(^-^)

 

 

 


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?