事務所ブログ

平成29年度税制改正大綱(配偶者控除及び配偶者特別控除)2016.12.12

 平成29年税制改正大綱が発表されました。 その中で今回は、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて案内させていただきます。

配偶者控除 控除対象配偶者又は老人控除対象配偶者を有する居住者については、控除額は下記のとおりとなります。 なお、合計所得金額が1,000万円を超える居住者は、配偶者控除の適用はありません
%e7%84%a1%e9%a1%8c1

配偶者特別控除 配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額を現行:38 万円超76万円未満⇒改正後:38万円超123万円以とし、その控除額は下記のとおりとなります。 なお、現行制度と同様に、合計所得金額が1,000 万円を超える居住者については、配偶者特別控除の適用はできません。
① 合計所得金額900万円以下の居住者
%e7%84%a1%e9%a1%8c2
② 合計所得金額900 万円超950 万円以下の居住者
%e7%84%a1%e9%a1%8c3
③ 合計所得金額950万円超1,000万円以下の居住者
%e7%84%a1%e9%a1%8c4

上記改正は、平成30年以後の所得税について適用されます。 この見直しで配偶者特別控除の範囲は広がりますが、所得が高い方の配偶者控除には注意が必要となります。