事務所ブログ

新スキャナ保存制度の申請開始日が迫っています!2015.09.17

 今日明日と大阪は雨が降るようですね。今年は例年より雨や台風が多いような気がしますが、シルバーウィークの間は晴れることを願っています! シルバーウィークが終われば9月も残り少しです。 さて、平成27年度税制改正では、一定要件を満たせば契約書や領収書などの国税関係書類をスキャナ保存することを認めるスキャナ保存制度が大幅に緩和されました。→過去ブログ 新制度の適用は平成28年1月1日からですが・・・提出時期は事前申請となっており、開始日の3か月前までに申請を行う必要があります。なので、適用開始日から新制度を適用するためには、平成27年9月30日に申請書を提出しなければいけません。申請開始日です。 ※平成27年9月30日前に申請書を提出することは可能ですが、9月30日前と以後では、提出する申請書の様式が異なります [提出方法] 申請書を1部作成し、添付書類を添付の上、提出先に持参又は送付します。 ただし、承認を受けようとする書類が次に該当する場合は申請書を2部作成する必要があります。 ①国税局において課税標準の調査及び検査を行うこととされている法人の法人税及び消費税に係る書類 ②国税局において課税標準の調査及び検査を行うこととされている製造場等の酒税、たばこ税、揮発油税、地方揮発油税、航空機燃料税、石油ガス税、石油石炭税、印紙税、電源開発促進税及び地方道路税に係る書類 [手数料] 不要 [添付書類とその部数] ①承認を受けようとする国税関係書類の保存を行う電子計算機処理システムの概要を記載した書類 1部 ②承認を受けようとする国税関係書類の保存を行う電子計算機処理に関する事務手続の概要を明らかにした書類(当該電子計算機処理を他の者に委託している場合には、その委託に係る契約書の写し) 1部 [提出先] 所轄税務署長等