事務所ブログ

マイナンバーの個人カードができたら今までの住基カードはどうなるの?2015.12.04

 そろそろ今年もクリスマスイルミネーションで街中がきらきらしていますね☆ この時期になるとなんでも綺麗で可愛く見えていろんなものが欲しくなりますね(^^♪
さて平成28年1月よりいよいよマイナンバーが施行されます。 皆様のお手許にももうそろそろ届いているかと思いますが、マイナンバーの通知書と共に個人番号カードの申請書がついています。 個人番号カードを作成される方はこの申請書を市役所等に郵送し、平成28年1月以降に交付を受けに行くことになります。 今後はこのカードを使うことが増えていくことになってくると思いますので、ぜひ個人番号カードの作成をしておきましょう。 初回交付は無料です。 マイナンバー2
ではこの個人番号カード、平成28年度分の確定申告でも使用していきますが、今まで確定申告をe‐tax等で電子申告されていた方は住基カードというものを使用されていたと思います。 この住基カードはどうなるのか??
住基カードをお持ちの方は、市役所等から通知が来ていると思いますが、マイナンバーの個人番号カードと住基カードは一緒には持てません。 しかし住基カードは3年の有効期限があります。この有効期限の間であれば今後も使用できますが、住基カードを有効期限まで使用する場合はその有効期限までマイナンバーの個人番号カードを作成することはできません。 ですので、住基カードの更新や新たに作成したい方は平成27年12月22日までに行う必要があります。それ以降は新規作成・更新はできず、マイナンバーの個人番号カードに移行するという流れになります。 個人番号カードを作成する際に、住基カードは回収されますので、お持ちの方は交付申請の際忘れずに市役所へ持っていきましょう。
気をつけなければならないのは、平成27年度分の確定申告です。住基カードの有効期限が年内で終わる方で、確定申告を電子申告される方は、個人番号カードが必要となってきますが、個人番号カードはすぐには発行されません。 平成28年1月以降公布のため、しばらくは混雑も予想されます。確定申告期限までに個人番号カードが間に合わなかった場合電子申告ができませんので住基カードの更新をしておくなどの対処が必要となります。 タイミングを考えて切り替えなければいけませんね(^_^;)
ご不明な点があれば当事務所までお問い合わせください。