事務所ブログ

今年度のものづくり補助金申請が始まっています!2016.03.24

 昨年で終わるかもと密かに噂されていたものづくり補助金ですが今年も予算が決定し申請が始まっています。 しかも今年は新設されたものがありパワーアップしています!!
今年のものづくり補助金の申請は平成28年2月5日(金)~平成28年4月13日(水)までとなっています。 事業計画策定にはかなりの時間を要します。 補助金の申請をお考えの方はあと3週間程で締め切りがきますので早く準備することをお勧めします 😛
今年のものづくり補助金は、以下の通りです。
1.革新的サービス・ものづくり開発支援(補助率 2/3) ①一般型 補助上限額:1,000万円 中小企業が行うサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援。 ②小規模型 補助上限額:500万円 小規模な額で行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を支援。 2.サービス・ものづくり高度生産性向上支援(補助率 2/3) 補助上限額:3,000万円 IoT等の技術を用いて生産性向上を図る設備投資等を支援。
パワーアップしたのは、1番の②の小規模型と2番の高度生産性向上支援です。
1番の②は小規模事業者が使いやすい支援策となるように、補助上限額500万円の「小規模型」を新設されました。「ものづくり・商業・サービス補助金」は基本的には設備投資に活用する補助金ですが、「小規模型」では小規模な額で行う試作品開発・生産プロセスの改善に活用できます。
2番の「高度生産性向上型」は設備投資のみに活用でき、「一般型」の要件にプラスして2つの要件をクリアした場合に、応募できます。 1つはIoT等の技術を用いて生産性向上を図る設備投資等を行った場合です。IoTの定義は、「複数の機械等がネットワーク環境に接続され、そこから収集される各種の情報・データを活用して、監視、保守、制御、分析のいずれかを行うこと」です。 また、最新モデル要件を満たした設備投資を行うことでも要件を満たします。メーカーもしくは販売代理店が発行した「最新モデルであることを証明する書類」を添付することが必要です。
2つ目の要件は、投資利益率5%を達成することです。 投資利益率は、「営業利益+減価償却費」の増加額※÷設備投資額  で算出します。 ※ 増加額:設備の取得等をする年度の翌年度以降3年度の平均額
大きな設備投資をお考えの方はぜひ活用したい補助金ですね 😉 補助金の申請には認定支援機関の確認書が必要になります。 当事務所は認定支援機関ですので、お悩みの方は当事務所までお問い合わせください!