事務所ブログ

地代、家賃や権利金、敷金などの消費税について2015.11.20

 先日、小学校で催された演奏会に行ってきました。1年生から6年生の演奏するクラシック曲や映画のテーマ曲は素晴らしかったです。来年もまた朝早くから並んで鑑賞したいと思いました。
さて、今回は地代、家賃や権利金、敷金などの消費税の課税・非課税についてお話します。
1、地代、家賃の非課税 土地の譲渡や貸付けは、消費税の課税の対象とならないこととされています(非課税取引)。この土地には、土地の上に存する権利も含まれます。 土地の上に存する権利とは、地上権、土地の賃借権、地役権、永小作権などの土地の使用収益に関する権利をいいます。 したがって、土地や土地の上に存する権利を貸し付けた場合の地代、権利金、更新料又は名義書換料なども非課税となります。 しかし、事務所などの建物を貸し付ける場合の家賃は課税の対象となります。この場合、家賃を土地部分と建物部分とに区分している場合でも、その総額が建物の貸付けの対価として取り扱われます。 なお、住宅用としての建物の貸付けは、貸付期間が1か月に満たない場合などを除き非課税となります。
2、権利金、敷金などの取扱い 事業用の建物の賃貸借契約の締結や更新に伴う保証金、権利金、敷金又は更新料などのうち、返還しないものは、権利の設定の対価となりますので、資産の譲渡等の対価として課税の対象となり、契約の終了により返還される保証金や敷金などは、資産の譲渡等の対価に該当しないので、課税の対象にはなりません。 [平成27年4月1日現在法令等]
不動産取引について消費税は課税取引、非課税取引で注意が必要ですので確認していくことが大切ですね。
相当の地代を知ってますか? 消費税の非課税取引について