事務所ブログ

自己受容力を高めましょう!2014.07.25

 

みなさんは自己受容力という言葉をご存知でしょうか。

自己受容力とは簡単にいうと、自分をどこまで自分自身で受け入れられているかというスキルのことです。

例えば、仕事でミスをしてしまった場合にその事実に対して、引きずるのか引きずらないのかで表すことができます。

自己受容力が高い人というのは、仕事のミスを引きずらない人のことです。
反省はするのですが必要以上に自分を責めることがなく、ミスをしてしまってもそれを自分に対して寛容に受け入れられたり次に繋げることが早くできるのです。

一方、自己受容力の低い人は、仕事のミスを引きずってしまう人のことです。
反省の上に必要以上に自分を責めるので、エネルギーがそちらの方に向かってしまいます。ですので、建設的な反省ができず、その後のモチベーションに影響を与えるため、そこでエネルギーロスがそこで生まれてしまいます。


自己受容力が高い人の方が、建設的な反省のみで自分を責めることがないのでエネルギーロスが減り、その分のエネルギーを、例えばモチベーションや物事の解決方法に向けることができるので、より仕事において高いパフォーマンスを発揮することができます。

その上、ネガティブな自分を責めないので、安定感があり、余裕も出てきます。その余裕というものがネガティブな自分を受け入れられているので、相手のミスやダメなところを受け入れられるようになります。そうすることでより信頼関係も築けます、結果としてそのネガティブな部分とポジティブな部分両方自分なんだっていうことで思うことで人としての器が広がります。

自己受容力を高め、仕事の効率性アップやより良い人間関係を築いていきましょう!