事務所ブログ

処分費用がかかるため、捨てずに放置している減価償却資産がある場合の節税方法

 

もう使うことはないけれど、処分費用がかかるから放置したままの機械ってありませんか?

もしそんな機械で耐用年数が過ぎていなければ次の金額を除却損として経費にできます。

      「減価償却後の帳簿価額-処分した場合の売却価格」

この節税は「有姿除却」といって、機械だけでなく、減価償却資産として計上している備品
などでも
使えます。

全く使うことがないけど、耐用年数が残っている減価償却資産があるなら、検討してみてはいかがでしょうか?