生前に墓地や仏壇を購入して、相続税を節税

生前に墓地や仏壇を購入して、相続税を節税

意外と知らない相続税の控除基準

税金は、少しでも減額できたら嬉しいものです。 特に相続税は詳しく知っているか、知らないかによって税金の額が大幅に変わってしまうような細かい規定があるため、きちんと勉強することが重要でしょう。 相続税を節税するための方法として、家を買っておくといった方法がよく知られているように、墓地や仏壇なども生前に購入しておいた方が有利であるということも有名です。 実は墓地などの財産は、一般の相続税を計算する相続財産とは別に、祭祀財産として区別されるのです。 もともと墓地などは、世代を超えて一族の祭祀を行うために保有するものです。 それが世代をまたぐたびに莫大な相続税の対象となってしまっては、誰も墓地を守る人がいなくなってしまいます。 そこで特例措置として、墓地などの祭祀財産については相続税の課税の対象としないことが定められているのです。

控除活用の際の注意点とは?

さて、この特例を活用して相続税を節税しようとする場合には、いくつかの注意点があります。 それは、「必ず生前に購入しておかなければならない」ということです。 もし死亡後、相続税を節税しようとあわてて墓地や仏壇を購入したとしても、この規定を活用することはできないのでご注意ください。 そして、本当に日常の祭祀に使用する物品かどうか、これを見られます。 つまり、いかにも相続税逃れとしか思えない純金の仏壇などを購入した場合は、相続財産の一部とみなされ、結局相続税を納めなければならなくなることもあるのです。 基本的にはお得な制度ではあるのですが、その適用条件や注意点などは上記の他にもいろいろあります。 もし気になる点があるのならば、最寄りの税務署や税理士事務所に相談してみましょう。 脱税に対しては厳しい役所も、ルールの賢い活用方法などについては、きっと親切に教えてくれるはずです。