事務所ブログ

みなし相続財産って?2013.09.25

 

相続財産の中にはみなし相続財産というものがあります。
ではそのみなし相続財産っていうのはなんなのでしょうか?

みなし相続財産というのは、実際亡くなられた方(被相続人)が死亡したことを原因として支払われるものです。
代表的なものでは、死亡保険金や死亡退職金です。
皆さんも保険はよく掛けておられると思いますが、死亡保険金には相続税がかかるのです。
同様に被相続人が働いていた場合には死亡退職金が支払われることがあります。この死亡保険金にも相続税がかかります。
要するに、死亡した時点では被相続人の財産ではないけれども、被相続人が死亡したことによって相続人に支払わるものであるため、税法上ではみなし相続財産と言われるのです。

ではそのみなし相続財産は全額相続税がかけられるのでしょうか。
結論として死亡保険金や死亡退職金には非課税規定というものがあります。
死亡保険金を例にしてみますと...


死亡保険金5,000万円(保険料の全額が被相続人負担)

法定相続人    3人(妻と子供2人)
法定相続人1人に対して500万円が非課税なので、
500万円×3人=1,500万円  が非課税となり、
5,000万円-1,500万円=3,500万円が相続税の課税対象となります。

死亡退職金についても同じです。
ただし、死亡保険金などに対してはあくまでも相続人が受け取る場合(相続人が放棄した場合や権利を失った場合は含まれない。)に限り、この非課税の規定が適用されます。
また死亡保険金はその保険料を払っていた人によってもそのかかる税金の種類が変わりますので気を付けてください。
相続保険

以上を踏まえて、うまく相続対策を行いましょう!