事務所ブログ

保険の解約返戻金に税金はかかる!?2016.03.05

 「生命保険に入ってたけど、解約して解約返戻金もらったんやけど税金なんてかからんよね?」 そういうお客様は多いです。 若しくは税金がかかるかもなんてことじたい考えない場合もありますね。
しかし、解約返戻金には税金がかかることもあります。 基本的には解約返戻金から既に支払った保険料を差し引いてなお余りある場合は税金が課せられる可能性があるのです。
計算方法は... 解約返戻金-今までに支払った保険料=○○円 解約返戻金は一時所得になりますので、50万円までは非課税です。 ですからこの○○円の金額が50万円以上であれば税金がかかってくることになりますね。 さらにはその50万円以上の金額に1/2をした金額に税金がかかります。
例でみると 解約返戻金(1000万円)今までに払った保険料(900万円)とすれば、 1,000万円-900万円=100万円 100万円-50万円(一時所得非課税枠)=50万円 50万円×1/2=25万円 25万円×あなたの所得税率 となります。
今までに保険料いくら払ったかわからないよ・・・という方もいると思いますが、保険会社から必ず解約返戻金のお知らせや支払明細がくるはずですので、そういった書類をきちんと残しておきましょう。
保険の解約返戻金は基本的に保険会社が税務署へ支払調書を提出していますので、課税される保険の解約返戻金等がある場合には必ず確定申告をしましょう。 ご不明な点があれば当事務所までお気軽にお問い合わせください!