HOME >> 所長の眼鏡>>この壺はいっぱいか?

この壺はいっぱいか?

所長の眼鏡

2020年02月1日

先日面白い話を聞きました。

 

ある大学の授業で、哲学の教授は何も言わずに壺を取り出し、石を詰めていきます。

壺が一杯になると、教授は学生に聞きました。「この壺はいっぱいか?」すると、学生たちは「はい」と答えます。

 

教授は微笑み、そして砂利の入った袋を取り出して砂利を壺に流し込み、石と石の隙間を埋めていきます。

壺が満杯になると、教授は再び学生に尋ねます。

「この壺はいっぱいか?」学生たちは「はい」と答えます。

 

教授は再び微笑み、今度は砂の入った袋を取り出して、その砂を石と砂利の隙間に流し込み終えると、教授はもう一度学生に聞きます。

「この壺はいっぱいか?」学生は笑って「はい、壺はもういっぱいです」と答えます。

 

教授は再び笑みを浮かべると、ビールを2缶取り出して壺に注ぎました。

壺はとうとう満杯になり、教授はもう一度質問を投げかけました。

「この壺はいっぱいかな?」学生たちは笑いながら大声で「はい!」と答えました。

すると、教授は「さて、この壺は君たちの人生だと考えてほしい。石は、君たちの人生において一番大事なものだ。

それは健康であり、家族であり、素晴らしい友人である。

これらはとても大事なので、ほかのすべてを失ったとしても、君たちの人生はまだ満たされている。

 

砂利は、私たちの人生に入り込んでくる大切なものだ。

それは学問や仕事、家や車、そしてすべての物質的なものだ。

もし砂利を先に壺に入れてしまうと、そこには石が入る余地はなくなってしまう。

 

砂は、人生において小さなこと、些細なことだ。

もし砂を先に壺に入れてしまうと、そこには石や砂利が入る余地はなくなってしまう。

 

壺は君たちの人生だ。

もし君たちが時間とエネルギーを些細なことに浪費してしまうと、本当に大事なことに使う時間は永遠に失われてしまう。

だから、よくよく考えて「何が」「誰が」人生で一番大事か決めなさい。

両親と話をし、子どもと遊び、結婚生活を楽しみ、自分の健康を気遣い、友人とも時間を過ごしなさい。

学習や仕事、あるいは車を修理する時間なんてものは、いくらでもある。

一番大事な石を、一番最初に壺に入れなさい。正しく優先順位をつけなさい」

 

学生たちを静寂が包みました。

そのとき学生の1人が「それで、ビールは?」と尋ねると、

教授は「聞いてくれてありがとう。いいかい、どんなに生活がいっぱいいっぱいでも、どんなに忙しくても、

ビールを飲むくらいの時間はあるってことさ。乾杯!!」と答えました。

 

さて、皆さんにとっての「石」はなんですか?

そして、皆さんの経営にとっての「石」はなんですか?

ヒト、モノ、カネ、情報と言いますが、やはり人がいないと経営はできません。

働き方改革が声高に叫ばれ、環境整備もしなければなりません。

そのためには、お金が必要になります。

そんなことを考えていると壁にぶち当たります。

やはり、きちんとした経営理念があり、そこがブレなければ、そこからさまざまな目標を立てることができるでしょう。

 

今年も早や1か月が過ぎました。

2020年が素晴らしい1年になるように、壺に「石」を入れ、「砂利」を入れ、ゆっくり「ビール」を飲めるようにしたいものです。


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2020年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?