コラム『所長の眼鏡』

なぜ土用の丑の日に鰻を食べるのか?

 

color: #000000;”>「土用」は自然哲学の五行説で、「五行説」では、春は木気、夏は火気、秋は金気、冬は水気、残った土気は季節の変わり目に割り当てられました。すなわち、立春、立夏、立秋、立冬の直前で、土の気が盛んになるとされたのです。


color: #000000;”>の栄養を鰻で摂取しよう!

color: #000000;”>う習慣が江戸時代から定着しているのです。

鰻


color: #000000;”>それは、 color: #000000;”>鰻も冬眠に備えて身に養分を蓄えるそうです。

color: #000000;”>時期が冬であるにもかかわらず、夏に鰻を食べることが定着したのはなぜでしょう?


color: #000000;”>ました。

color: #000000;”>源内は、「丑の日に『う』のつくものを食べると夏負けしない」という color: #000000;”>すると、それが定着し、 color: #000000;”>その後、他の鰻屋もそれをマネするようになり、結果的に、「土用の丑の日」に鰻を食べ color: #000000;”>バテ防止」というニーズとうまく結びついたのです。

color: #000000;”>これはマーケティングの基本中の基本です。

color: #000000;”>視点、売る側の視点でしか見ていないからです。

color: #000000;”>布からお金を出すのは消費者なのです。


color: #000000;”>ドイツの優勝で color: #000000;”>我々日本人にとっては、地図の右端と左端です。しかも南米の選手たちは、 color: #000000;”>移住してよくやってるなぁと思っていました。

color: #000000;”>世界地図での話であって、彼らにとってはすごく近い存在なのです。


color: #000000;”>なりません。

color: #000000;”>バレンタインデーに「女性から男性にチョコレートを贈って告白する」というイベントをしたメリーチョコ color: #000000;”>というこ color: #000000;”>れば、売れるでしょうね。笑