HOME >> 所長の眼鏡>>G20大阪サミット

G20大阪サミット

所長の眼鏡

2019年06月1日

 

先月は令和の幕開けというお話をしましたが、では令和になって政治と経済はどう変わるのでしょうか。

 

まず、政治の世界は新元号初の国賓としてトランプ大統領が来日し、ゴルフをして大相撲を観て、居酒屋行ってと、まるで中小企業のおやじのような接待でしたが、日本にとっては大成功だったと言えるでしょう。

現在内閣支持率の高い安倍政権は、解散総選挙、ダブル選挙をするのか、消費税の増税先送りはあるのかと永田町を賑わしていますが、あまり振り回してほしくないものです。

 

 ただ経済はというと、景気はしばらく下降線をたどると思われます。大阪の場合は大阪万博があり、局地的なイベントがある大阪はまだましですが、米中の対立が深刻化していくとその影響は大きくなるのは間違

いありません。

 

 今月末には大阪でG20が開催されます。戦後初めて大阪発の政治の西風が吹いているのです。明治維新以来、東京一極集中がどんどん進んできて、大阪が盛り返したのは大正末の関東大震災後の一時期だけです。その時は大大阪という感じだったのですが、それ以来の戦後初めて大阪が政治の主役になっているのです。

 

 これは一にも二にも維新です。橋下徹氏が作った維新がここまで勢力を伸ばすというのは、大阪以外の人には考えられないことだそうで、今回の大阪府知事・大阪市長のダブル選挙で圧勝したというのは、日本の政治史にも大きなインパクトを与えたようです。何しろ公明党が維新にひれ伏した結果になったのですが、これ以上は新聞に任せて、政局に触れるのはやめておきましょう。

 

 さて、G20が大阪で開かれますが、6月27日(木)~30日(日)は厳戒態勢で高速道路は通行止め、梅田、難波、上本町、森之宮、天王寺、南港と交通規制が張られ、検問があるなどかなりの不便が予想されます。

なにせ20か国の首脳が泊まるホテルだけでも大変でしょう。大阪府警だけでなく警視庁からも応援があり、世界が注目しています。大阪府立市立の小学校と幼稚園が全校臨時休校というのはやり過ぎのような気がしますが、教育委員会ってこういうのだけは動きが早いですね。

 

それはさておき、1995年に大阪でAPECが開かれたことがあります。横山ノックが知事の時で、当時、クリントン大統領は来ませんでした。それに比べて今回は、トランプ大統領、習近平主席、プーチン大統領が来て、世界の政局を大阪で動かすことになります。注目せざるを得ないでしょう。

 

日本の場合、首脳会談をやると決まった時点で外務省、通産省の優秀な官僚が相手国と交渉して九分九厘決まったことを確認するのが首脳会談です。特にアジアの場合はそうで、中国ももちろんそうです。

逆に話す段取りが決まっていない場合、日韓首脳会談が全く開かれないようにやらないのです。

 

ところが、トランプ大統領だけは、段取りを全く無視するようで、下で役人や側近が段取りしても実際に自分で判断する人で、やってみるまで本当にわからないそうです。

 

したがって、世界中が見守るこの大阪で、習近平と抱き合って、抱擁して「良かった、良かった」となる可能性もあれば、この前のベトナムでの米朝首脳会談のように、席を立って帰るということもあり得るのです。

 

米中首脳会談は非常に注目です。G20の成功と、どこかで目立ちたがり屋の大阪のおばちゃんや、酔っ払いのおっさんが問題を起こさないかをただただ祈るだけです。笑

 

 

 


経営相談から税金対策まで、お気軽にご相談下さい

TEL:06-6791-0724
2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?