事務所ブログ

新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金(医療分)について2020.08.18

 

今回は大阪府における新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金(医療分)について解説します。


まず趣旨としては、医療機関等に勤務する医療従事者や職員は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止・収束に向けてウイルスに立ち向かい、
(1)感染すると重症化するリスクが高い患者との接触を伴うこと
(2)継続して提供することが必要な業務であること
(3)医療機関での集団感染の発生状況から


相当程度心身に負担がかかる中、強い使命感を持って業務に従事していることから慰労金を交付することとなりました。


次に慰労金の内容ですが、新型コロナウイルス感染症に対する医療提供に関し、都道府県から役割を設定された医療機関等に勤務し患者と接する医療従事者や職員に対し、最大20万円を給付されます。
また上記以外の病院、診療所等に勤務し患者と接する医療従事者や職員に対しては、5万円が給付されます。


よって新型コロナウイルス感染症患者に診療等を行っていない医療機関等に勤務する医療従事者等であっても、慰労金の交付対象になります。


慰労金の申請は原則として医療機関等に代理申請・受領していただくことになります。


申請受付期間は 令和2年7月27日(月曜日)から同年9月30日(水曜日)までとなります。


ただし、本申請受付業務の受託先である大阪府国民健康保険団体連合会の診療報酬提出時期と重ならないようにするため、申請受付期間は毎月15日から月末までの間となります。
従って8月1日から8月14日まで及び9月1日から9月14日まではシステム上、受付ができない期間になりますのでご注意ください。


詳しくは大阪府のホームページをご覧ください。