事務所ブログ

年末調整《所得金額調整控除》

 

今年の年末調整から新たに「所得金額調整控除」が創設されました。


所得者(その年の給与の収入金額が850万円を超える方)が、下記の扶養親族等を有する場合に、

その所得者本人の給与所得の金額から一定額(上限15万円)を控除するというものです。

 ・所得者本人が特別障害者

 ・同一生計配偶者が特別障害者

 ・扶養親族が特別障害者

 ・扶養親族が年齢23歳未満



控除額の例

●年収900万円の場合

 900万円-850万円=50万円×100分の10

 =5万円が所得金額調整控除額となります。


●夫婦の双方が、その年の給与の収入金額850万円超の場合

 該当する扶養親族等がいる場合、夫婦の双方で所得金額調整控除の適用を受けることができます。



今年の年末調整は改正事項が多いため注意が必要です。

不明な点がございましたら当事務所までご相談ください。