事務所ブログ

所得税・個人住民税の定額減税~2024年度税制改正大綱発表から~2024.01.09

 

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

物価高騰に対しての国民負担緩和のため、所得税・個人住民税の定額減税が行われます。

 

【内容】

所得税・・・2024(R6)年分の所得税額から特別控除額を控除する。

住民税・・・納税義務者の2024(R6)年度分の所得割の額から特別控除額を控除する。 

  ≪所得制限≫2024年分の合計所得金額が1,805万円以下(給与収入2,000万以下)

        住民税は2023年分合計所得金額より計算

  ≪特別控除の額≫

        所得税・・・本人 3万円

              同一生計配偶者、扶養親族(合計所得金額48万円以下)は一人につき3万円

        個人住民税・・・本人1万円

              控除対象配偶者、扶養親族は一人につき1万円

              ※前年の合計所得金額が1,000万円以下である個人住民税納税義務者の配偶者、

               扶養親族で前年の合計所得金額が48万円以下(国外居住者は除く)

 

【実施方法】

給与所得者は・・・

≪所得税≫2024年6月1日以後最初に支給される給与等(賞与も含む)の源泉所得税額から特別控除の額を控除する。

     6月に控除しきれなかった額は7月以降順次控除する。

≪住民税≫2024年6月の給与支給時には特別徴収を行わず、決定住民税より特別控除の額を控除した後の額を

       11ヶ月(2024年7月~2025年5月)で均等にして、給与を支給する際に徴収する。

 

個人事業主は・・・

≪所得税≫2024年(R6) 分の所得税に係る第一期予定納税額から減額。

     ※予定納税が発生しない場合は来年(2025年)の確定申告時に減額

≪住民税≫2024年(R6)分の第1期分の納付額から減額

 

公的年金受給者は・・・

≪所得税≫2024年6月1日以後最初に支払を受ける公的年金等に係る源泉徴収税額から順次減額

≪住民税≫2024年10月1日以後最初に支払を受ける公的年金等の特別徴収税額から順次減額