事務所ブログ

持続化給付金の税金

 

今回は新型コロナウィルスの影響により収入が減少した際に受け取る持続化給付金の税金について書きたいと思います。



今回支給された持続化給付金は、税務上、益金(個人事業者の場合は、総収入金額)に算入されるものです。
ただ、損金(個人事業者の場合は必要経費)の方が多ければ、課税所得は生じず、結果的に法人税・所得税の課税対象となりません。


法人の場合は、入金されたのが法人の通帳となりますので、記帳漏れはないと思います。
ただ、個人の場合は、入金されたのが事業用の通帳か家事用の通帳かで記帳漏れが生じる場合がありますので気を付けなければなりません。
また、個人の場合は所得の種類も異なります。
個人の方で事業所得者の場合は、「事業所得」となります。
その他の所得者の場合は、下記のブログを参照ください。
新型コロナウイルスに関連する助成金・給付金等の課税関係


個人事業者の方で支給された場合の仕訳は以下のようになります。


事業用の通帳に入金された場合:預金 1,000,000 / 雑収入 1,000,000
家事用の通帳に入金された場合:店主勘定 1,000,000 / 雑収入 1,000,000


また、消費税については、資産の譲渡又は役務の提供を行うことの反対給付として事業者が受けるものではないことから、課税対象となりません。


家事用の通帳に入金された場合は、令和2年分の確定申告の際に申告漏れがないように気を付けてください。