TOPICS

雇用保険の加入対象が65歳以上にも拡大されています!2017.03.01

 平成29年1月1日以降、65歳以上の労働者についても、「高年齢被保険者」として雇用保険の適用の対象となりました。 適用要件を満たす場合、加入手続きを行う必要があります。 事業所管轄のハローワークに「雇用保険被保険者資格取得届」(以下、「資格取得届」)を提出してください。 ※提出期限の特例があり、平成29年3月31日までにご提出ください。 適用要件 1週間の所定労働時間が20時間以上であり、31日以上の雇用見込みがあること 平成29年1月1日以降に新たに雇用した場合    →雇用した時点から高年齢被保険者となります    雇用した日の翌月10日までに届出をしてください。 :平成28年12月末までに雇用し、平成29年1月1日以降も継続して雇用している場合    →平成2911日より高年齢被保険者となります    平成29年3月31日までに届出をしてください。 :平成28年12月末時点での高年齢継続被保険者を平成29年1月1日以降も継続して雇用している場合    →自動的に高年齢被保険者に切り替わるので届出は不要です。    (高年齢継続被保険者…65歳になる前日から引き続いて65歳になった日以後も雇用されている被保険者)
Q&A Q:労働者が雇用保険を希望しない場合は? A事業主や労働者の希望の有無にかかわらず、要件に該当すれば必ず適用となります。 Q平成28年12月末までに雇用した65歳以上の労働者について適用要件に該当するかどうかの判断はいつの時点で行いますか? A適用要件に該当するかは、平成29年1月1日時点で判断します。用件に該当すれば雇用保険の被保険者資格の取得日は平成29年1月1日となります。 Q65歳以上の方も雇用保険料を徴収する必要がありますか? A保険料の徴収は、平成31年までは免除となります。
高年齢求職者給付金のお知らせ 平成29年1月1日以降、65歳以上の労働者が高年齢被保険者として離職した場合、受給要件を満たすごとに給付金が支給されます。(年金との併給可
☆受給要件 離職していること又は、いつでも就職できるが仕事が見つからない状態にあること、離職前1年間に雇用保険に加入していた期間が通算して6カ月以上あることです。 給付金は、被保険者であった期間に応じた額が支給されます。 詳細は当事務所所員へお問い合わせください。