TOPICS

法定相続情報証明制度が創設されました!2017.06.01

 平成29年5月29日(月)より、全国の登記所(法務局)において、法定相続情報証明制度」がスタートしました! この制度を利用することで、各種相続手続で戸籍謄本の束を何通も請求する必要がなくなります。 POINT! 複数の預金口座がある場合に便利です! 同時に手続を進められ、時間短縮できます。

相続が発生すると、亡くなられた方の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本や相続人全員の戸籍謄本を揃えて、不動産がある市区町村の登記所(法務局)及び金融機関に提出して名義変更や解約手続きをすることが必要です。 これまでは、不動産が複数の市区町村にある場合や金融機関が複数ある場合、同時に手続をするにはその数だけ戸籍謄本等が必要となり、費用面で負担が大きいものでした。 また1つの戸籍謄本等を使い回す場合には、手続きが完了するまでに時間がかかっていました。 新制度では、戸籍謄本等と相続関係を一覧表にした図(法定相続情報一覧図)を作成し、登記所に提出します。 登記官が内容を確認し、認証文が付された写し(証明書)が交付されます。 この写しは無料で必要な数だけ複数交付できるので、同時に複数の名義変更等の手続きが可能になります。 なお、登記所で保管される5年間は再交付できます。 法定相続情報証明制度の手続の流れ ①市区町村の窓口で戸除籍謄本等を収集 ②法定相続情報一覧図の作成 ③申出書を記載し、上記①,②の書類を添付して登記所へ申出
法定相続情報証明制度が新設されたのは、不動産の所有者が死亡した場合に必要な相続登記が未了のまま放置されてる不動産が増加し、空き家問題となっていることが挙げられ、相続登記を促進する狙いがあります。 戸籍の収集や一覧図の作成は、税理士をはじめとする専門家に依頼することも可能ですので、お困りの際は、ぜひ当事務所までお問い合わせください!