TOPICS

電子記録債権の「でんさいネット」がスタートします!

 平成20年12月に施行された「電子記録債権法」によるITを活用した新たな決済手段が近日中開始予定となっております。 この電子債権の導入により手形の6割が「でんさい」に切り替わると言われています。皆様はこのシステムをご存知でしょうか? 金融機関ごとに利用手数料や取扱方法が異なるようです。なお、手続きに関しては現在未定となっておりますので、銀行等へご確認下さい。

こちらでもご覧いただけます! ⇒ ㈱全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)ホームページ http://dennsai.net/ 「でんさい」のメリット

支払う側(債務者)

受取る側(債権者)

事務負担の軽減

ペーパーレス化により紛失盗難リスクがなくなる
管理コスト削減

印紙税は課税されない

支払期日になると自動的に入金=取立手続不要

手形、振込、一括決済等支払い手段を一本化

必要な分だけ分割し、譲渡や割引が可能
流通性の高い債権のため、以前は譲渡や割引が利用できなかった
債権も資金繰りに有効に活用できる