TOPICS

最低賃金が引き上げられました!2017.11.01

 2017年度の都道府県別最低賃金の改定額が決定しました。 パート・アルバイト等を含めその都道府県内の事業場で働くすべての労働者に適用されるもので、以下の表になります。 使用者は発効日当日の賃金から最低賃金以上の金額を支払う必要があります。 全国平均の引き上げ率は昨年に続き2年連続で3%を超えています。 これは、2016年6月に閣議決定した「ニッポン一億総活躍プラン」に 最低賃金の年3%程度の引き上げを盛り込んでいることが背景にあります。 安倍内閣は最低賃金の引き上げを重点政策のひとつとしており、第2次安倍内閣発足前の2012年の最低賃金は全国平均で749円でしたが、以後毎年引き上げられ、5年間で99円、率にして13.2%の大幅引き上げになっています。
パートやアルバイトなど非正規社員の待遇改善につながっている一方で、企業においては、深刻な人手不足と人材を確保するには時給を引き上げざるを得ないという頭の痛い問題となっています。