HOME >> >>令和2年分から所得税の源泉徴収が変わります!

令和2年分から所得税の源泉徴収が変わります!

2020年02月1日

平成30年度の税制改正で、働き方の多様化を踏まえた見直しが行われました。

見直された中で、源泉徴収と年末調整の実務に関係するものは次の3つです。

令和2年分の所得税から(住民税は令和3年度分から)適用されますので源泉徴収の際はご注意ください。

1:給与所得控除の見直し

平成30年度税制改正で、「働き方改革」を後押しする観点から、特定の収入にのみ適用される給与所得控除と公的年金等控除額が引き下げられ、全ての人に適用される基礎控除の控除額が引き上げられることになりました。

公的年金等控除についても同様に見直しされています。

  • 控除額は、一律10万円引き下げ及び上限額を設定
  • 公的年金等以外の所得の合計額が1,000万円超の人は、公的年金等控除額をさらに10万円または20万円引き下げ

※給与所得と年金所得両方ある方は片方のみの控除です。

 

2:基礎控除の見直し

今回の改正に伴い、以下のように基礎控除にも適用要件が設定された上で、基礎控除の額が最大48万円に引き上げられることになりました。

①の「給与所得控除の引き下げ」と合わせると年収850万円まではプラスマイナス0になり、現行と比較してもさほど大きく影響しませんが、年収850万円を超えると実質的に「所得税の増税」になります。

 

3:所得金額調整控除の創設

今回の税制改正で、年収850万円を超えると所得税が増税となることを受け、介護や子育て世代の負担が増えないよう、「所得金額調整控除」が創設されました。対象者は、年収が850万円を超え、かつ、以下3つの条件のいずれかに該当する従業員は一定額が控除されます。

イ 本人が特別障害者である場合

ロ 23歳未満の扶養家族がいる

ハ 特別障害者である同一生計配偶者又は扶養親族がいる

 


前の記事 TOPICSトップへ 次の記事
2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

日野上総合事務所
について
TOPICS
出版物・パブリシティ
求人情報
個人情報の取扱について
リンク集
  • 所長の眼鏡
  • 事務所ブログ
  • 決算診断無料体験
  • 経済産業省認定 経営革新等支援機関

このマークの意味は?