TOPICS

実質的な無利子無担保融資について2020.04.01

 

3月17日に新たに始まった「新型コロナウイルス感染症特別貸付」及び「特別利子補給制度」を 併せてご活用いただくことで、売上が減少した個人事業主や中小・小規模事業者の方が実質的な無利子無担保融資を受けることが出来ます。


新型コロナウイルス感染症特別貸付+特別利子補給制度=実質無利子・無担保融資


新型コロナウイルス感染症特別貸付

新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が5%以上減少した個人事業主や中小企業を対象に、中小企業は3億円、個人事業は6,000万円を限度額として無担保で融資を受けられます。

そのうち一部金額(個人事業:3,000万円、中小企業:1億円以下)については当初3年間は金利が基準利率から0.9%引き下げられます。

実施機関:日本政策金融公庫 ※1月29日以降の申請分も対象です。


特別利子補給制度

新型コロナウイルス感染症特別貸付を受けている方で、売上が15%~20%減少するなどより厳しい経営状況の中小企業・個人事業主には、上記の0.9%引き下げられた部分に当たる利子金額が国から補填されます。

※一旦、利子返済後、支払済み利子額を別機関から補給


適用例:運転資金2,000万円(利率1.36%)・5年返済の場合

    当初3年間:0.46 3年経過後:1.36

    0.46%部分の支払済利子額を後日補給